【代理母出産】ウクライナでの1日はお蔵入りしました

代理出産

☆ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
先天性心疾患(三尖弁閉鎖症)の単心室で生後数ヶ月・3歳・5歳位と2019年4月(29歳)の時に

心臓のシャント手術・グレン手術・フォンタン手術(APC法とTCPC法)をして術後良好
2018年3月に入籍し心臓病の主治医の先生に
“妊娠出産は母体も胎児も命の危険が有り 国際的ガイドラインや 日本のガイドラインでは 避ける事を勧められてる”
と告げられ昔からの夢である “大家族” は諦めたが子供は諦めきれず
“夫婦2人家族で人生を送る” と言う着地点に我々的には足をおろせず
1人でも子供を欲しいという強い想いから代理母出産に挑戦中
どんな結果になろうと5年後10年後に後悔していない行動をしていこうという備忘録
⇒2021年1月下旬 代理母出産にて息子を授かった話
______________★

代理母出産で約1カ月ウクライナに滞在していた時の1日のタイムスケジュールを、誰かの参考になればいいなと思って下書きしたが、何かよく分からない感じになってしまったのでお蔵入りにします。

もし気になる方がいましたらコメントかメッセージを下さい。

 


最近朝晩は肌寒い位涼しくなってきましたね。
冬が来ると真冬産まれの坊ちゃんの誕生日も来ます。

坊っちゃんを連れてウクライナから日本に帰国する日は、ウクライナの気温はマイナス20度でした。

ウクライナ滞在時は毎日吹雪いていて外は耳が痛くなった記憶があります。
基本的に室内で引きこもってたし、外出時は着込んでいたから寒さで困った事は無いけど。

今年も来年もウクライナにも当たり前に冬が来ます。

毎日吹雪いていて、マイナス20度位の日々。
戦争反対。プーチンさんや周りのイエスマンさん達、どうか間違いに気がついて下さい。

ウクライナの平和が一刻も早く戻る事を願う気持ちは変わりません。

いやよりいっそう強く思いました。

ウクライナで過ごした2021年の真冬を思い出して。

寒さという新たな敵が現れる前にウクライナに平和を…

滞在していたアパートメントからの眺め

アパートメントの前の大きな道路は直進で、ずっと進んでいくと隣国(ポーランドだったかな?)に着くと、エージェントの現地スタッフの方が言っていた。

 

2022.09.12

コメント(※承認制です)

タイトルとURLをコピーしました