【夫編23】現地滞在5日目~6日目

代理出産

(前回の記事はこちら↓。kororiは先週末に帰国済みです。現地ではブログの管理ページにアクセスできずに更新できませんでした。)

スポンサーリンク

kororiの日記 5日目木曜日

今日も朝3時からが俺のターン!
今日は引き継ぎ直後は大人しく寝ていたが、少ししてオムツ替えとミルクを与えてからはずっとぐずり出す。
う⚪︎ちをしたようだ。
またオムツ替え。
それでもぐずっている。
オシッコをしたようで、またオムツ替え。
抱っこして部屋の中を歩くと泣き止む。
立ち止まってソファーに座るとまた泣き出す。
こちらの午前5時頃、日本のお昼。
バイキングを見ると、反町のポイズンが赤ちゃんヒットソングランキング1位で、聞かせると泣き止むとのこと。
リズムが心拍数に近いらしい。

耳元で大音量はNG、2メートルくらいの距離で話し声くらいが目安とのこと。

ちょうどこの頃、うちのせがれも大人しくなった。
今度試してみよう。(後日試したけど、きかなかったです)

朝ごはん

1月13日午前0時(日本時間)以降、ウクライナから日本へ帰国する日本人も、出国前72時間以内に受検した新型コロナウイルスの陰性の検査証明の提出が求められている。

外務省のホームページの書きっぷりだと、この陰性証明がないと検疫所が指定する場所に隔離されるようだ。陰性証明があれば自宅での自己隔離で良いような書きっぷり。

そこでこの日はPCR検査を受けに行った。
事前にブログ読者のFさんから、大使館からの情報として日本の所定フォーマットの検査証明を発行できる医療機関を教えてもらっていたが、エージェント任せにしていたところ、この中の一つの医療機関に連れて行ってもらえた。
https://www.ua.emb-japan.go.jp/files/100098237.pdf

パスポートを見せ、書類に署名(漢字)。
検査は綿棒みたいなのを鼻の奥に突っ込まれ(両穴)、その後に口の奥。
以上。
料金は1300UAH。

帰宅すると光線治療用のライトが届いていて、既に治療中だった。


この日のお昼ご飯は、「クソ不味い」と噂の、現地のカップ麺!
妻、義母は日本から持ち込んだ袋麺、赤ちゃんは日本から持ち込んだ粉ミルク。
私は現地のカップ麺!!

スーパーにカップ麺はこれしか見当たらなかった
え!?何このかやく。コーン1粒とネギが1かけらしかないぞ!?
お湯を注ぐとコーンが増えたぞ。どうやら、かやくの袋に穴でも開いていて、奥に落ちてしまっていたようだ
日本のカップ麺の方がおいしいが、食べられないということはない。そこまでおいしくないが、「クソ不味い」というほどでもなかった。

日本到着時の空港検疫での「質問票web」のQRコードの提示があるらしいので、質問に回答&QRコード発行、スクショ保存。
航空会社や座席、国内住所などの情報を入力の必要がある。
https://arqs-qa.followup.mhlw.go.jp/#/

<メモ>
ターキッシュエアラインズは英字3文字だとTHY。
予約時に指定した座席は「予約を管理」のページで確認できる。

座席番号の確認をスマホでできました

お、なんだ?デモをやってるようだ。

デモの後ろは大渋滞だ。
Entrepreneurs rally in Kyiv: Protesters march from Constitutional Court to US Embassy building
5,000 people from all over Ukraine gathered to participate

少し赤ちゃんを監視して今度は妻と私で晩飯を買いに行く。
スシマスターとKFC。
ケンタッキーは注文が大きいタッチパネルで、英語に言語を変えられたので助かった。
最初ウクライナ語だかロシア語だかのときに字の雰囲気からこっちがサボイ(持ち帰り)でしょって選んだのが間違ってたみたいで、店内で食べる用にトレイに載って商品が出てきた。
妻の
「サボイ、チェンジ、オーケー?」
でテイクアウト用に変えてくれた。

kororiの日記 6日目金曜日


今日は03:30から俺のターン!
赤ちゃんが少しモゾモゾするとアイマスクがズレてしまう。
手で一気にズラしたこともあった。
ズレたら光線を止めてアイマスクの位置を直してあげないといけない。
全く気が抜けない。
これは見てる側の疲労がハンパない。

朝ごはん

PCR検査結果の連絡がきたぞ。
陰性!よかったぁ

この日は滞在して初めての吹雪。


朝、毎日の日課のゴミ捨てをしに行った。ところが、、、
ゴミ捨て場のドアの開錠番号を押したいが、開錠番号じゃない番号が押し込まれたまま凍りついていて開かない!
このままじゃ住んでる部屋がゴミ屋敷ならぬ、う⚪︎ち屋敷になっちまうぞ。
ゴミは一旦部屋に持ち帰った。
途中、アパートの管理人さんに妻が
「ゴミ ノー だった」(原文ママ)
と言うも、さすがに日本語は伝わらないようだ。

昼ごはん。日本から持ち込んだ袋麺。

午後、義母がゴミ捨てに再度トライ。
今度はドアが開いたそうでゴミを捨ててくれた。

夕方にお医者さんが再度赤ちゃんを見にきてくれるが、その前に私は空港へ。
雪はやんでいたが、路面は心許ない状況。

滞在中は滅多に見れなかった晴れ間。

しかしどのクルマもビュンビュン飛ばすので怖かった。
途中、渋滞があったもののエージェントのすすめで早めに出発したので、当初予定通り出発2時間前には空港に着いた(エージェントに送ってもらった)。

ありがとう、代理母さん、エージェント担当者さん。
ありがとうキエフ。

次のページに、ベビーバスの写真だけ載せます

コメント(※承認制です)

  1. ハスキー より:

    情報ありがとうございます参考になります!日本での手続き大変だと思いますが、頑張ってください!一月後、無事に皆様帰国されますように!

タイトルとURLをコピーしました