【代理母出産】ウクライナに保存している受精卵

代理出産

☆ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
先天性心疾患(三尖弁閉鎖症)の単心室で生後数ヶ月・3歳・5歳位と2019年4月(29歳)の時に
心臓のシャント手術・グレン手術・フォンタン手術(APC法とTCPC法)をして術後良好
2018年3月に入籍し心臓病の主治医の先生に
“妊娠出産は母体も胎児も命の危険が有り 国際的ガイドラインや 日本のガイドラインでは 避ける事を勧められてる”
と告げられ昔からの夢である “大家族” は諦めたが子供は諦めきれず
“夫婦2人家族で人生を送る” と言う着地点に我々的には足をおろせず
1人でも子供を欲しいという強い想いから代理母出産に挑戦中
どんな結果になろうと5年後10年後に後悔していない行動をしていこうという備忘録
⇒2021年1月下旬 代理母出産にて息子を授かった話
______________★


代理母出産エージェントから報告メールが来て、ちょこちょこ連絡をとってます。

坊っちゃんが産まれた産婦人科病院もロシアによる攻撃を受けたとの事。
坊っちゃんと初めて対面し、初めて抱っこして温もりを感じたかけがえのない場所

他の小児病院や産婦人科病院も最近攻撃受けたとか…

産まれたばかりの赤ちゃん、闘病中の子供…
いるかもしれないと容易に想像出来るのに…

毎日毎日怒りと悲しみで胸が張り裂けそう。

私達は残り3個の凍結胚盤胞をウクライナの病院に保管してもらっていた。

その凍結胚盤胞を護衛付で隣国に移動してくれたらしい。
今はウクライナでは無く、ジョージアでの代理母出産を進める事は可能との事。

この非常事態で受精卵や凍結精子などを隣国に移動する手続きをしてくれて、そこまでしてくれるのか。と思う。

それと、隣国に移動した受精卵や精子をいつかきっとウクライナの病院に戻してまた代理母出産を再開する。と言う希望と言うか想いも感じた。


『闇を闇で追い払うことはできないが、光だけはそれを可能にする。憎しみを憎しみで追い払うことはできないが、愛だけがそれを可能にする。』


ウクライナの方々の未来への希望の光、国や大切な人を守ると言う愛、一刻も早く日常に戻る事を願う。

いつか息子を連れてウクライナの素敵な街並み、話してみたらとても親切で優しいウクライナの方々に会いに行くつもり。

私達に出来る事
募金
デモやSNSでもいいから声をあげる事
ロシアの人達へその声を届ける事
駐日ロシア連邦大使館へ抗議メール
駐日アメリカ大使館へウクライナに出来る思い付いた事の提案メールを送る
日本のトップにも同じ
(まぁ私が思い付くような事は既にとっくに思い付いているんだろうけど。)

可能な限りしていこうと思う。

旦那に教えて貰って、ウクライナが核を放棄する際に欧米やロシアとウクライナが交わした覚書について初めて知った。

色々な世界の約束が守られていないなら意味無いと思うし、
今のロシアの行いをどうにかしてでも止めなければ同じような恐ろしい考えを持った国が同じ様な事を今後するのではないか。
と、歴史が苦手だった私の持論。

ブダペスト覚書
https://news.yahoo.co.jp/articles/72fd9662287148d8df1ff15d1b7e0698ab70e6a3

坊ちゃんが産まれたキエフの産婦人科病院も攻撃されていた。
ウクライナの病院で保管してあった受精卵は無事隣国にて引き継がれている。
私達が利用したエージェントではジョージアでの代理母出産が可能。

代理母出産関連ではそれが最近分かった事かな。

2022.03.14

。。これまでの代理出産費。。
・申請費用 100,000円(契約しなかったエージェントへ)
・契約時支払 中古軽自動車2台分弱
・2回目の支払 うまい棒30万本分
・3回目の支払 うまい棒20万本分
・受精卵輸送費用 500,000円 + 110,000円
・航空券 1,500,000円以上(ビジネスクラス)
・現地滞在時のアパートメント代や生活費など
・現地での赤ちゃんの定期健診代

。。。。婦人科病院。。。。
・診察代 1回10,000円以上が数知れず
・精液検査 5,100円
・採卵、受精卵培養、精子調整、凍結、凍結保管 等の費用…
 412,890円 (1回目)
  302,890円(2回目)
。。。。。。。。。。。。。。
※その他入院費等
日本の婦人科病院遠いので交通費も結構掛かってます…

コメント(※承認制です)

タイトルとURLをコピーしました